新たな働き方「ギグエコノミー」で人生を変えよう

ギグエコノミーという働き方が拡大を続けています。ギグエコノミーという自立した働き方で、一つに縛られることのないギグワーカーとなって人生を変えましょう。

働き方を自分で選べる時代

「ギグエコノミー」(インターネットを通じて単発の仕事を発注・受注する就労形態・経済形態)。この新しい働き方をあなたはご存知でしょうか?働き手が、自分の都合に合わせて仕事を選び、請け負い、報酬(給与・賃金)を得るという、新しい形の仕事のあり方が世界中で広がりをみせています。日本では従来から企業に雇用され正社員として同じ会社で長く勤めるという働き方がマストで、終身雇用で定年退職するまで働くことが当たり前のようにいわれてきました。日本社会ではこのような働き方が当然だったといえます。ところが、その働き方を根底からくつがえす、この「ギグエコノミー」という新しい働き方の波が世界中で広がりをみせています。この「ギグエコノミー」という働き方は「workstyle reforms」(働き方改革)だといえるでしょう。

シェアリングサービス市場が世界中で急速に広がりをみせています。
シェアリングサービス市場とは、インターネットを介し、個人や企業などが持っている空き家や空き部屋などを貸出したり、配達や料理、犬の散歩など、知識・スキルや経験を時間のある個人に依頼するサービスなど、個人が保有している遊休資産の貸出するサービスのことをいいます。
同時に労働者も多様な働き方を選択することが可能になってきました。
ますます拡大する「ギグエコノミー」という働き方。
欧米では、もはやこの働き方は珍しくない状態です。
一般のドライバーが自家用車を使ってタクシーのようにお客を乗せて送迎するサービスを提供する配車サービス「Uber」(ウーバー)の台頭がまさによい例です。
アメリカのウーバーテクノロジーズが設立されたのが2009年ごろ。それに伴いオンラインプラットホーム(ネット上の仲介業者)も次々と登場しています。
約10年の間に、輸送や配車、便利屋や専門技術が必要とされるサービス、賃貸、オンライン作業など、あらゆる仕事が「ギグエコノミー」といった就労形態で、サービスを開始させています。
多くの働き手は自分の持つスキルや、都合に合わせ、細分化された特定の単発の仕事(ギグワーキング)を請け負い、報酬を得ています。
また、オンラインプラットホームもたくさん増え、仲介しています。現在「自由で企業に依存しない新しい働き方」として注目されています。

広がりはじめたギグエコノミー

日本では「働き方改革」を進めるための議論が日々、盛んになっています。
ですが、その大部分は正社員や非正規雇用のアルバイトやパート社員といった「企業や会社に所属する人」が対象です。
日本社会では、個人事業主をのぞき、正社員になるか、そうでなければ、十分な手当も受けられず、消耗させられるだけの非正規雇用といった働き方の2択だけだといってもいいでしょう。
実際、そういった厳しい選択肢がほとんどです。
日本の多くの人は、「ギグエコノミー」という雇用形態を正規の仕事にすることは、今の時点ではおそらく、抵抗があるでしょう。
ですが、アメリカをはじめ欧州諸国では既に浸透しているギグワーカー関連サービス。
日本社会でも知っておくことは重要だといえます。
日本では遅れているといわれている、ギグワーカーという柔軟で自由な働き方も、少しずつですが広まってきています。
「ギグエコノミー」という、新しい就労形態・経済形態の登場は、世界中の人々に新たな働き方の選択肢を提示したといえるであよう。

一つに縛られず、多種多様な仕事を選べる時代

個人同士でオンラインを介し単発の仕事を取引する「ギグエコノミー」はアメリカをはじめ、世界的に広がりを見せていますが、労働環境、不当に安い賃金設定や支払いの不履行、安全面などといった問題もまだ多く、ギグワーカーの働く環境や権利などといった様々な改善していくべき課題も当然多くなっています。
こちらも、オンラインプラットホームとなる企業に新たな基準や労働環境、法整備などの備えを迫っています。
日本ではまだ「ギグエコノミー」だけで生活している人は少ないでしょう。
ですが、企業や会社に所属し、正社員として働いている人にとっても、大幅な収入増が期待できない現代です。
副業をして収入を増やす手段の一つとして、「ギグエコノミー」も選択肢にいれることで収入増が期待できます。
「ギグエコノミー」は、ある程度の専門能力が必要とされる職種が多かったのですが、現在、単発の仕事の職種も増え、日本では、人気料理を配達するデリバリー要員、Uber Eats(ウーバーイーツ)や、知識やスキルを売り買いするココナラ、など、たくさんの仕事が増えています。
こちらの運転手と配達先を結ぶロジデリも「ギグエコノミー」の一つです。運転免許所があればあなたの都合で仕事を請け負うことができます。

自立した働き方で人生の幅を広げよう

ではアメリカにおいて「ギグエコノミー」の実態はどうなっているのでしょうか?
アメリカでは、ギグワーカーについての公式な統計はなく、多くのシンクタンクがその割合の推計を集めている最中のようです。
こういった働き方の断定基準が分かれるため、おそらく4~5人に1人が「会社に所属しない自由な働き方」をしているのではないかといわれています。
「ギグエコノミー」は、フリーランスと似た働き方だともいえますが、自分のスケジュールを優先できるところや、プロジェクトの内容を自分で選べるところ、一定期間のプロジェクトが完了次第、また、自分でプロジェクトを選んで仕事ができるところがフリーランスとはまた違った働き方で自由度が高いです。
多くの職を求めている人にとっては「ギグエコノミー」は非常に魅力的な働き方だといえるでしょう。
実際、アメリカのギグワーカーは、この働き方にとても充実感を感じている人が多くいるようです。
「ギグエコノミー」はあらゆる世代に広がっていますが、特に結婚や出産を機に、それまで続けていた仕事を辞めてしまった女性、まだまだ健康で働くことが可能な定年退職をしたシニア世代にも大きなニーズがあります。
折角、今まで培った知識や経験といったキャリアをそのまま埋もれさせてしまうのは大きな損失です。
社会やクライアントから求められるならば、持っているキャリアや技術を活かし、企業や会社に縛られることなく、自分の都合で仕事を管理、実行できるのです。
自立した働き方は今後もますます注目され増えていくことと思われます。

ロジデリでは、人生の幅を広げるにぴったりの選択肢がたくさん掲載されています。

ぜひ候補の一つにいれてみてください。

 

【関連記事】

DAI
DAI
自動車関連機器販売会社を経て、運送会社や物流会社を経験。さらに採用Webライティング領域も経験。