優良な運送会社に就職するには

ドライバーの仕事を探している人にとって就職する会社は重要です。運送会社も大手から中小企業までたくさんの会社がありますよね。できれば、自分の条件にあった、働きやすい優良な運送会社に就職したいものです。でも、優良な運送会社ってどうやって探せばいいの?求人サイトをみてもどんな運送会社が優良なのか、どんな基準で選べばいいのかわからない、といった方もいるのではないでしょうか。そこでチェックポイントをあげてみました。

 

今、ドライバー職は売り手市場

ドライバーの仕事をはじめようと思っている人にとってどのような会社に就職すればよいのか?
これから働くであろう運送会社を決めることは重要な問題ですよね。
できれば優良で働きやすい運送会社で長く働きたいと皆様がお考えだと思います。
ご存知の方も多いとは思いますが、以前から物流業界はブラック企業が多いといわれ、ドライバーの働く労働環境や待遇は最悪だといわれてきました。
ですが最近は国からの要請もあり、企業側もホワイト化に向けて労働環境や待遇改善の努力をしています。
特に近年はインターネットの普及により増加している膨大な量の荷物を運ぶドライバーを各企業が募集していますが、中々人手も集まらず、ドライバー不足に各企業、頭を抱えている状況です。
そういったことから、ドライバーの仕事を探している人にとっては「売り手市場」といってもよい、チャンスのときだといえます。
これからドライバーとして働き、活躍したい人は数多くある運送会社の中から是非ともあなたにあった働きやすい優良な企業を探しましょう。

なぜ、運送会社はブラックといわれがちなのか?

どうして物流業界・運輸業界はブラックな会社が多いといわれるのでしょうか?
その原因はいくつかあります。まず、拘束時間が長い。
道路状況の都合で長時間の渋滞や荷受人の都合に振り回され、待ち時間が長いなども拘束時間が長くなる原因にあげられます。
また、場合によっては深夜の勤務が多くある会社もあります。
このような状況が長く続くようであれば体力的にも精神的にもキツイと言わざるを得ないでしょう。
また、宅配便の場合、荷物の増加により、1人あたりの業務量が増加していることも大きな理由でしょう。
ですが、上手く求人を絞って探せばあなたの条件にあった働きやすい会社を見つけることも可能です。
ではまず、避けた方がいい運送会社をあげてみました。チェックしてみましょう。

避けたいブラックな運送会社

・給料や残業代が未払い
(残業しているのに、残業代が一切出ない)
・長時間のみなし残業時間がある
(毎月最低でも残業が多くあると考えられる。長時間残業が当たり前のようなブラックな運送会社である可能性が高い)
・歩合給制
(個人の売り上げに応じて給与が計算される給与体系で歩合の率が高く、固定給がなく、給料の全てが歩合給などの会社はガソリン代などの経費などは全部自分で払わなくてはならない場合も。)
・雇用契約ではなく請負契約
(会社は社会保険や厚生年金を負担する必要がなく、保障がないため自分で加入しなければならず、残業代や深夜手当、休日手当を支払わないことも)
・常に求人募集している会社
(働く人が定着しない、人がすぐ辞める会社は働く環境や待遇などブラックな要素が多いと思われます。)
・ドライバーの人数や車両の数が少なく、古い車両ばかり
あまりにもドライバーの人数が少ない場合は、少ないドライバーを低賃金でこき使っている場合もあります。
自分が休みたいときや、体調が悪いときなど、代わりの要員がいないなど過重労働を強いられる要素があります。
また、会社に古い車両ばかりなのは、利益が上がっていない可能性が高く、最新の安全装置を搭載していないかりでなく、整備面にも不安も。
事故のリスクを減らすためにも面接で会社訪問したときにはドライバーの数を確認したり、車両の新旧もチェックしておきましょう。

優良な要素が高い運送会社の見分け方

・コンプライアンスが徹底していて、勤務時間が決まっており、休日がきっちりと取得できる運送会社。
・トラックにはデジタルタコグラフ、ドライブレコーダー、バックモニターなどが設置され、安全に運転できるよう設備が整っている。
・上場企業の子会社や、大手取引先の専属運送など、常に安定した仕事量があり、経営基盤も安定している。
・パレット積みの荷物を多く扱う運送会社の場合、荷積み・荷卸しはフォークリフトを使用できるなど、ドライバーの負担が軽減される。
・昇給 、賞与年2回、社会保険が完備され、制服貸与、交通費支給などは基本条件。
・残業手当がきっちりとつく運送会社。
・仮眠室や休憩室、シャワー室や浴室があるなど、設備も充実している運送会社。
・健康診断や予防接種などを義務付けられている会社は社員の体にも気遣っている運送会社。
・事前に申告すれば休みの日程が調整可能な運送会社であると、家族の予定なども優先できる。
・中型・大型は長距離配送があっても、長距離手当がつく運送会社。
・経験が少ない人には、入社後に研修があり、先輩が同乗するなど、慣れるまではケアしてくれて、1人前になるまでは育ててくれる運送会社。
・荷物保険や車両保険が完備している運送会社。
・一定時間運転したら必ず休憩を取るように推奨していて、何時間もぶっ通しで運転させるようなことをしていない運送会社。
・法令を守り、安全に配慮した運送事業者に与えられる安全性優良事業所の証明である「Gマーク」の認証を取得している運送会社。
・中型免許、大型免許、フォークリフト免許の資格取得を支援してくれる運送会社

等々の会社は、基本的な部分もありますが、優良な運送会社と呼べる働きやすい運送会社である可能性が高いでしょう。

あなたが働きやすい優良な運送会社を探そう

離職率が高い運送会社は、ブラックな運送会社の可能性が高く避けた方が無難でしょう。
定着率が高い運送会社の求人は居心地が良く、辞める人が少ないため求人が中々出ないこともあり、見つけるのが難しい面もありますが根気よく探してみてください。
また、ドライバー経験者や、業界に詳しい人から情報を聞くのもブラック企業を避け、優良な運送会社に就職する近道ともいえます。
こちらの「ロジデリ」では、様々なドライバー求人を提供しています。
運営元企業の社員は元物流・運輸関係にいた社員ですので、色々な相談に乗ってくれますし、あなたが働きやすい条件の会社を探すお手伝いをしてくれますよ。
是非、お気軽に「ロジデリ」にお問い合わせください。

DAI
DAI
自動車関連機器販売会社を経て、運送会社や物流会社を経験。さらに採用Webライティング領域も経験。