ギグワーカーで稼ぐには?隙間時間の有効活用について

現在、多様な働き方が増え、また注目されていますが、そのひとつ、ギグワーカーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。どうやら隙間時間を有効に活用できる働き方のようです。新しい働き方、ギグワーカーについて、調べてみました。

1.ギグワーカーとは?

ギグワーカーの「ギグ」には単発というような意味があります。
平たく言って、単発で請け負う仕事、ということになります。
しかし、それでは単発のアルバイトとおなじではないかという疑問も生じます。
ギグワーカーは、ちょうどフリーランスとアルバイトの中間のような働き方なのです。
アルバイトはあらかじめ1日なら1日拘束されるという契約を結んだ上で仕事をします。
フリーランスの場合は、ひとつのプロジェクトを完了するまでといった契約になります。
ギグワーカーという働き方はそれらとは違い、自分の都合のいい時間のみを売るという考え方です。
例えばギグワーカーで現在有名なのはUber Eatsですが、Uber Eatsには専用のアプリがあり、思い立ったらすぐに働くことができ、自分の都合で仕事を切り上げることができます。
完全に自分主体で稼ぐことができるので、このような働き方が急速に広がりつつあるのです。

2.隙間時間でいかに稼ぐか

働き方改革で残業が減ったのはいいけれど、その分収入が減り、小遣いも減った。
そんな場合まず考えるのは副業でしょう。
副業もいろいろありますが、オススメするのは、本業の負担にならず、自分の都合で時間を有効活用できる仕事。
アルバイトであれば、コンビニの店員などは自分の都合でシフトを組めるのでオススメです。
在宅で稼げるパソコンを使った入力の仕事やアフィリエイト、ライターなどもオススメです。
これらはフリーランスの範疇になります。
なんにしても、本業が最優先ですから、副業は時間に融通のきく仕事であるべきです。
本業も副業も忙しくて睡眠が取れず、体調を崩した、などというのは本末転倒です。
そう考えると、1日の隙間時間に働けるのは長くて2時間程度ではないでしょうか。
副業をするのにあたってオススメしたいのは、1ヶ月に稼ぐ金額を設定しておくことです。
そうすれば設定金額に達したということで、体力に余裕を残すことができます。もちろん、設定金額は達成可能な額にしてください。
しかし、アルバイトは自分の都合で時間が融通しずらい点があり、フリーランスはプロジェクトを期限までに完了しなければならないリスクがあります。
副業を考える上で、特にオススメしたいのは、アルバイトでも、フリーランスでもないギグワーカー。
次の項目でなぜ副業にギグワークが向いているのかご紹介します。

3.ギグワーカーのメリット

ギグワーカーのメリットは、なんといっても、自分の都合のいい隙間時間を有効活用して稼げることでしょう。
例えば、予定していた残業が急になくなり退社時間が早まったのであれば、帰路の途中で気軽にギグワークをしてから帰宅することができます。
ほんの30分でも、1時間でも、積もり積もればお小遣いとして十分なくらいは稼げます。
そして、体調が悪い、予定が急に入ったなどの場合でも、躊躇することなくプライベートを優先できます。
また、ギグワーカーのいいところは、あくまで自分本位で働ける点にありますから、人間関係のごたごたに巻き込まれるようなこともほぼないと言えます。
ドライに自分の時間とスキルのみを切り売りする。
副業をするのであれば、本業の負担にならない仕事にすることは必須ですが、ギグワーカーであれば、裁量は自分にありますから、無理をすることもありません。

4.ギグワーカーのデメリット、ギグワーカーで稼ぐには?

ギグワーカーのデメリットは、保障がなにもないことです。
健康保険もありませんし、厚生年金もありません。
ですから、ギグワーカーが自分に合っているようだからと、仕事を辞めて完全にギグワーカーになるのであれば国民健康保険に自分で入り、自己年金を積み立てる必要があります。
怪我や病気などで働けなくなると、ダイレクトに収入に響きますから、健康には十分注意してください。
また、現在は収入があまり見込めないのが実情です。
ギグワーカーだけで生計を立てる場合は、労働時間が長くなることは覚悟しておいた方がいいでしょう。
しかし、月々の小遣いがその日の気分で気軽に稼げるというのは、ギグワーカーの最もいいところです。
たとえ1日に30分しか稼動できなくとも、1ヶ月にもなればいい小遣いになるでしょう。
では、ギグワーカーで稼ぐには、具体的にどうしたらいいのでしょう。
ネットで「ギグワーカー」と検索すればいくつも仕事のサイトがヒットします。

ロジデリでもギグワーカーの仕事がたくさんあります。

アルバイトよりも自由度の高い、ギグワーカーという自分の時間に合わせた働き方でドライバーを経験できます。

ドライバ―をはじめ、倉庫内作業や事務職、営業職など、物流・運送・配送業界に特化したあらゆる求人を掲載していますので、ぜひ理想にマッチした就職先を見つけてください。

 

【関連記事】

 

ユウ
ユウ
正社員、フリー、派遣、アルバイトなどなど、多種にわたる転職経験あり。わたしの経歴がどなたかのお役にたてれば!