軽貨物運送を始めたい方へ!おすすめの求人サイトをご紹介

軽貨物運送の求人サイトはネット上にたくさんありますが、どこのサイトがいいのか実際迷いますよね。またオススメのサイトとは、どのようなサイトなのかも気になる部分。以下に調べてみました。

1.未経験でも軽貨物運送ってはじめられる?

ネットショッピングなどで、ドライバーの需要が高まっていることから、軽貨物運送を始めてみようと思う方は増えているようです。
軽貨物運送のドライバーとして独立するという道も夢があります。
ドライバーの経験がある方は軽貨物運送のドライバーとしてまず問題ありません。
では、未経験ではどうでしょうか。
ある企業では新人採用の約40%以上が運送業未経験というデータもあるようです。
未経験でも求人は常にあると考えていいでしょう。
軽貨物運送のドライバーは意外にハードルが低いということは、わかっていただけたと思います。
しかし、求人サイトで企業を探す際にはちょっとした注意が必要です。
軽貨物運送のドライバーとして未経験、または経験が浅いのであれば、まずは大手企業に就業した方がいいでしょう。
というのは、未経験者への対応に慣れているからです。
また大手企業の方が福利厚生もしっかりしており、転職の際にもキャリアとして使えます。
では実際に、大手企業をどのような求人サイトで探せばいいでしょうか。

2.おすすめのドライバー求人サイト

以下に、ドライバーの求人サイトでおすすめのサイトをご紹介します。

・はたらいく
大手転職サイトで、知名度も高く、ドライバー求人が豊富です。
求人する際の掲載料が他のサイトよりもダントツで高いのもポイントです。
スカウト機能もあるので、登録しておいて、連絡を待つこともできます。

・ドラEVER
はたらいくに次いで求人数が多いことが魅力です。
こちらもスカウト機能があるので、登録しておいて連絡を待つことが可能です。
また、コンテンツが豊富で、業界の詳しい情報を調べるのに便利です。
また給与順、家から近い順などで検索できることもでき、見やすいサイトとなっています。
しかし、求人が関東に偏っているのが難点です。

・トラックマンJOB
こちらはトラック専門の求人サイトです。
求人数も上記のサイトと遜色ありません。
スカウト機能もしっかりあります。
シンプルにトラック求人のサイトなので、求める求人を探しやすいです。
しかしこちらは求人企業に写真などがなく、情報がやや少ない傾向にあるようです。

3.企業を選ぶ際の注意

上記に、求人の多いサイトをご紹介しました。軽貨物運送を始めようと思ったら、まずはこれらのサイトを眺めてみてもいいでしょう。

サイトで実際に検索してみると、実に多くの企業がドライバーを求めていることがよくわかります。
大手企業を選んだ方がいいことは前述しましたが、それ以外にどのように企業を選別すればいいのか迷うところです。
まず、求人広告にお金をかけることを躊躇しない企業を選ぶことをおすすめします。
ドライバー求人サイトの中には無料で掲載できるサイトもあります。
しかしそのようなサイトを利用し、求人広告をケチるということは、体力のない企業である可能性が高いのです。
そして、そのような企業は求人を年中している事があります。
ということは離職率の高いブラック企業という可能性もあるということです。
また、そのような無料のサイトは検索ランキングの下にあり、大手はそのようなサイトを利用しない事が多いようです。
ランキングの上位にあるサイトは、掲載料も高いのですが、求人効率も格段に高いのが実情です。
経費よりも、いい人材を求めている企業は、社員を大切にする企業でもあることでしょう。

4.まとめ

いかがですか?
軽貨物運送のドライバーとして独立するなんて夢だよ、なんて思っていた方は、意外にハードルが低いことをわかっていただけたでしょうか。
まずは大手企業に就職し、経験を積んで、業界のことをよく知った上で独立するかどうかを考えてもいいですね。
軽貨物運送に限らず、ドライバーの仕事は基本的に個人で完結できる仕事です。
ルートの選定や時間配分なども自分の裁量で決められることが魅力です。
しかし、いきなり大手企業を受けることに躊躇する方もいるかもしれません。
就職する前に、お試しで経験できないものかとお考えの方もいるでしょう。


そういう方はロジデリで仕事を探してみてはいかがでしょう。

アルバイトよりも自由度の高い、ギグワーカーという自分の時間に合わせた働き方でドライバーを経験できます。

ドライバ―をはじめ、倉庫内作業や事務職、営業職など、物流・運送・配送業界に特化したあらゆる求人を掲載していますので、ぜひ理想にマッチした就職先を見つけてくださいね。

ユウ
ユウ
正社員、フリー、派遣、アルバイトなどなど、多種にわたる転職経験あり。わたしの経歴がどなたかのお役にたてれば!