個人事業主の宅配ドライバーってどうなの?メリットやデメリットを解説

宅配ドライバーは社員として雇われている宅配ドイライバーと、「個人事業主」として開業し、企業と委託契約を結び、配送の仕事を請け負うドライバーと2つの働き方があります。こちらでは個人事業主として宅配ドイライバーのメリットとデメリットを解説します。

個人事業主としての宅配ドライバーは誰でも就ける仕事

宅配ドライバーの仕事は普通免許1枚あれば、未経験からでも始められる仕事です。
軽貨自動車を持っていれば初期費用もほとんどかけずに始めることができます。
もし軽貨物自動車を持っていない場合でも、委託契約した会社に車を借りられる場合もありますので問い合わせてみて下さい。
まず、宅配ドライバーは歩合給です。自分が働けば働いた分だけ自分の収入になります。
人によっては月収60万円以上稼ぐ人もいるようです。
また、個人事業主として働くので、学歴や人種、性別も問われません。
自分の力で収入を得ることができます。
また、一般的なサラリーマンと違い、上司や部下といった人間関係のしがらみもないので精神的に自由だといえます。
効率よく荷物を配り早く仕事を終えれば、後は自分の時間をつくることも可能です。
宅配ドイライバーは過酷な仕事と思われがちです。
ですが、人を雇わず一人で働く分には「自分が社長」なので沢山のメリットもあれば、厳しいデメリットな面もあります。

運送業として個人事業主・宅配ドライバーのなり方とは

宅配ドライバーの仕事を行う場合は「貨物軽自動車運送事業」の申請を行えばすぐに始めることができます。
貨物軽自動車運送事業(軽貨物)を新たに始めるには
(例えば大阪府内に営業所をおく場合)

・必要な書類は(ホームページより取得可能)
(URL:wwtb.mlit.go.jp/kinki/osaka/yusou/keikamotu/01_sinki.pdf)
① 貨物軽自動車運送事業経営届出書」(正本・控え用の計2部提出)
② 運賃料金設定届出書(正本・控え用の計2部提出)
③ 運賃料金表(正本・控え用の計2部提出)
④ 事業用自動車等連絡書(1両につき1枚)
⑤ 車検証の写し(新車の場合は完成検査証の写し)
↓↓
事業用自動車連絡書の発行
↓↓
軽四輪(軽貨物自動車

↓↓
【軽自動車検査協会での手続き】
連絡書の発行を受けた後は、 使用の本拠地(営業所)を管轄する軽自動車検査協会での手続きになります。 必要な書類等は、各軽自動車検査協に問い合わせてください。
その際「連絡書」は必ず必要です。

といった流れになります。だいたい、審査は即日で終わります。
運転者は1名(本人)で可能ですが、1両以上の車両が必ず必要となります。
営業所(自宅)から2㎞以内に車庫があることも条件になってきます。
詳細はお住まいの地域の運輸局に確認するようにしてください。

この申請を行わず、運送業の仕事をしてしまうと、罰則を受けてしまう場合がありますので注意して下さい。

個人事業主としての宅配ドライバーのメリットとデメリット

最初は、未経験でもできる配達の個数からはじめ、荷物の数を段々と増やしていくことも可能ですので、体力に自信がない女性や高齢の方でも体を慣らしながら始めることができ、安心です。
ある程度、自分の決めたシフトや時間内で働けますし、物流業界は現在、深刻な人手不足なため仕事がなく困るといったことはまず、ないといっていいでしょう。
賢く効率よく稼ぎたいならば、契約する企業の「1個あたりの配送単価」をチェックしてください。
どれだけ多くのの荷物を運んでも、1個あたりの単価が低ければ稼ぐことはできません。
また、車を動かすほどに、走行距離も必然的に多くなります。
車両にも負担がかかるので、メンテナンスは必須です。
タイヤやバッテリーの交換が必要になったり、修理も多くなります。
そのような場合を考えて、メンテナンス費用を負担、または補助してくれる企業と契約しておくと安心です。
毎回メンテナンス費用を自己負担していては稼げません。
宅配ドライバーの主なメリット

・自分のペースで働けます。
・人間関係に悩むことがまず、ありません。基本一人。
・上司などがいないので「パワハラ」「セクハラ」を受けることがありません。
・出来高制なので、働いた分だけしっかりと稼げます。
・徹夜で走るなどの激務がないため体調を悪くするといったことがありません。
・物流業界は深刻な人手不足。仕事がなくて困るということはまずないでしょう。
・慣れれば配達個数を増やせ、それなりに稼げます。
・女性でも高齢の方でも働くことができます。

宅配ドライバーのデメリットな面

・税金や保険料の支払いなど、個人事業主なのですべて自己負担です。
・ガソリン代や車検といった費用は自己負担です。
・確定申告や経費の計算といった経理業務も自分でしなければなりません。
(きちんとしなければ税務調査が入る場合もあり注意です)
・出来高制なので毎月の収入は安定していません。働けなくなると収入も入らなくなります。
・お客様からのクレームは、自分で対応しなければいけません。

個人事業主としての宅配ドライバーの今後

そうはいっても宅配ドライバーの長時間労働が心配な方はおられるでしょう。
まだ、流動的ではありますが、次のように法律が変わって、業界が今、変革期にあるためこれからは宅配ドイライバーの立場も守られ、長時間労働も見直されていくようなのではないかと思われます。
宅配ドイライバーは個人事業主なので「経営者」として扱われていました。
そのため、法律で保護されるべき対象から抜け落ちていましたが、国交省は2018年4月20日に「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」の通達で、個人事業主にも改善基準告示が適用されるようになりました。
これは個人事業主でも労働関連法令が適用されると文書化された初めてのことです。
個人事業主の宅配ドライバーも一般のドライバーに含まれることに。
そのことにより「過労運転」の対象となります。
個人事業主が団体に加盟していた場合、契約にもよりますが、「その団体が元請けとなることも考えられる」という見解です。
「軽貨物運送事業者(宅配ドライバー)をフランチャイズ展開させていた場合、元請けとして荷主勧告制度の対象となることもある」と説明。
自社商品を、軽貨物事業者を使って配送していた場合は「荷主」として、荷主勧告制度の対象にもなるそうです。
ですので、今後宅配ドライバーが「過労運転」から守られるという流れになってくると思います。
こういったことからも、段々仕事に慣れてくると、宅配ドライバーはかなり働きやすい仕事といえるでしょう。
大きなストレスもなく、睡眠時間が削られるような心配もなく、人間関係のいざこざもなく、毎日配達に集中し、一日に多くの個数を配達できるよう目標を持って稼ぐ働き方。
「こういう働き方が自分に合っている」といった宅配ドライバーさんも多いようです。
ロジデリ」では宅配ドライバーになってみたい!独立してやってみたい!といった方のご相談にも親身になってお受けしています。
スタッフは物流関係に詳しいので安心です。
まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

DAI
DAI
自動車関連機器販売会社を経て、運送会社や物流会社を経験。さらに採用Webライティング領域も経験。