トラックの運転手に転職!事前に準備することについて

トラック運転手に転職する際、事前に準備しておきたいいくつかの内容があります。準備をしておくことで、トラック運転手への転職がスムーズにいくでしょう。今回は、トラック運転手の転職で事前に準備することについて解説します。

1.トラック運転手に必要な免許の確認

トラック運転手に転職する際に、最初に確認しておきたいのが、仕事に必要な免許の確認です。 免許については、普通自動車免許や中型、大型の自動車免許など基本的な内容の確認だけでなく、運転免許の取得日や自分自身の過去の違反歴を調べておかなければなりません。

運転免許の取得日は、

  • 2007年6月1日まで
  • 2007年6月2日~2017年3月11日
  • 2017年3月12日~現在

の大きく3つに分けられ、取得日によって乗れるトラックの大きさが変わってきます。

まずは、自分自身の取得日を確認し、応募する企業の免許資格に該当するかどうかを知ることが大切です。

そして、自分自身の過去の違反歴は、ほとんどの企業が、「運転記録証明書」という形で、提出を求めるようになっています。

「運転記録証明書」を提出することで、企業の採用担当者は、スピード違反や大きな事故などを起こしていないかを確認します。

「運転記録証明書」は、警察署や交番、免許センターなどで必要事項を記入し、免許センターか郵便局で発行することが可能です。

そして、証明書は、1年間、3年間、5年間と期間を選べるようになっていますので、過去何年間分のものが必要になるか分からないという場合は、一番長い5年間を選択しておくよいです。

尚、過去の違反歴が多かったり、大きな違反をしている場合は、面接の際に減点となりますので、注意が必要といえます。

 

2.自分に合う会社選びをする

自分に合う会社選びをすることは、トラック運転手の転職においてとても大切になることです。

トラック運転手と一言にいっても、運転するトラックの大きさや移動距離、運ぶ荷物の重さや多さ、働く時間など仕事内容は、企業によってさまざまです。

自分の希望する条件にできるだけ近い企業を選ぶことが、企業とのミスマッチをなくし、転職後も、長く同じ企業で働くことへとつながります。

特に、労働時間などは、仕事をする上で大切なポイントになりますで、できるだけ希望に合う仕事を選ぶことが大切です。

そして、面接の際に、不透明な点があれば、積極的に質問をし、自分自身が、納得した上で働けるように動いていくとよいでしょう。

 

3.面接準備をする

トラック運転手の求人の企業へ応募をしたら、次は、面接準備をしていきます。

具体的には、面接で着用するスーツの用意と面接での質問の受け答えなどの準備をします。

トラック運転手の仕事は、普段、動きやすい服装で業務を行いますが、面接は、やはりスーツを着用していくほうが企業への印象がよくなるでしょう。

スーツを持っていないという人は、ジャケットにパンツなどオフィスカジュアルをイメージし、できるだけ正装に近いものを用意していきます。

面接での質問の受け答えは、志望動機や取得している運転免許の確認、仕事開始日など基本的な項目に、しかりと答えられるようにしておくとよいでしょう。

面接によって、採用結果が大きく左右されることもあるため、ぬかりなく、面接準備をしていくことが大切です。

 

4.トラック運転手の仕事に必要なものを揃える

トラック運転手の仕事は、いくつかの揃えておきたい必需品があります。

具体的には、スマホやイヤホン、安全靴、作業用手袋、腕時計などが必要になります。

スマホは、会社との連絡に利用したり、ナビアプリで地図を見たり、待機時間に利用したりとあると何かを便利なものです。

また、イヤホンは、運転中に携帯電話で通話をする際に、必要になります。

そして、安全靴や作業用手袋は、トラック運転手の必需品でもありますので、事前に揃えておくとよいでしょう。

説明してきたように、トラック運転手の転職の際には、免許の確認や面接準備、必需品を揃えるなどいくつかのやっておきたいことがあります。

皆さんも、転職の際に困ることがないよう、しっかりと事前準備をしていきましょう。

 

 

YAMA
YAMA
Web業界、運送業界、宅配ドライバ―経験を経て、「ロジデリ」の運営元である、株式会社プラットインと株式会社フロム神戸に入社。代表からも期待される若手セールスディレクター(兼ドライバ―)。