ギグワーカーとは新しい働き方

「ギグワーカー」という言葉ご存知ですか?海外では既に「ギグワーカー」と呼ばれる人たちが多く存在しています。新しい働き方のギグワーカーをお伝えします。

「ギグワーカー」の「ギグ」の語意とは?

まず、聞きなれない「ギグ」という言葉。

「gig」と綴ります。

元々はミュージシャンがその場限りの「単発のライブ演奏」を行うことを英語のスラングで、こう呼んでいました。

よくミュージシャンのライブで、「ギグ」という言葉が使われているのを聞いたことがある人もいるかと思います。

そこから、「単発の仕事」のことを指す言葉として、使われるようになったようです。

そこで、2015年頃からアメリカでは「ギグエコノミー」(gig economy)という言葉が使われ始めました。

gig(単発の仕事)・economy(経済)と訳され、造語ですが意味としては先程も述べましたように、「単発の仕事で成立する経済」を指しています。

そしてその経済形態の中での一つのワークスタイルとして、「ギグワーカー」(gig worker)という働き手がいるのです。

アルバイトやフリーランスの働き方

非正規雇用の中では色々な働き方があります。

改めて、アルバイトとは、どういった働き方でしょうか。

アルバイトは、「契約した時間の中、企業の管理者から指示された仕事をする」ことで給与を得ます。

そのため、1時間あたり幾ら、といった時給制や1日あたり幾ら、といった日給制といった「時間単位の形で報酬を得る」ことです。

あまり高いスキルを必要とされず、未経験でも雇用されることが多いです。正社員と比べ、責任はさほど重くない仕事を任される場合が多いようです。

また、アルバイトで得る報酬は給与所得です。一方、フリーランスは、「クライアントに専門技術やスキルを売る形」の働き方となります。「1つの案件ごとに幾らといった契約の仕方で報酬を得る」ことです。

大体は勤務時間や勤務場所に決まりはなく、自分が仕事しやすい時間や自由な場所で仕事をすることが出来ます。一見、自由はありますが、対価として、引き受けた仕事の責任は自分自身で負わなければなりません。

仕事を管理し、自分自身の判断で作業を進める必要があり、求められた成果物に対し、責任感が求められるのがフリーランスです。

新しく始まった「ギグワーカー」という働き方

「ギグワーカー」とは、空き時間を利用して、会社などに縛られない自由な働き方を求める労働者です。

働き方は、パソコンやモバイル端末などを使い、オンライン上で「単発の仕事」を受けるワークスタイルなのです。

その働き方は、勿論、非正規雇用ですが、アルバイトやフリーランスとしての働き方と似ているようで、雇用形態が全く違っているのです。

アルバイトは企業と雇用契約を結びます。

また、フリーランスは、企業と雇用契約を結ばずに、「単発の仕事」を請負いという形で働きます。

では「ギグワーカー」はというと、フリーランスのように「単発での仕事」をこなす働き方をしますが、請負いで仕事を受けません。

アルバイトのように、サービス提供者と「ギグワーカー」を繋ぐ、プラットフォーム事業者と雇用契約を結びます。

ですが、アルバイトのように決まった一定の時間、企業と契約して働く必要はなく、あくまでも自分の空いている時間に仕事を入れたり、好きなタイミングで抜けたりすることができるのです。

これからの時代の働き方

日本でも「ギグエコノミー」(単発の仕事で成立する経済)の登場で、自ずとそのサービスを利用する人たちも徐々にですが、若い人たちを中心に増えてきています。

また、それに伴いサービスを提供する側の「ギグワーカー」も増えてきています。欧米ではこういったサービスが既に浸透しているようですが、まだまだ、改善点や問題点もあります。

気軽に時間を売り買いできる、新しい働き方は、新しい経済を生み出しています。日本では、今まで終身雇用が当たり前のように約束されていましたが、その時代も終わりつつあります。

労働環境はAIなども活用されはじめ、正規雇用の仕事も近い未来、AIや最新のテクノロジーに取って代わられるだろうと予想されています。

日本でも1つの企業と雇用関係を結び、終身、収入を得ることが段々と厳しくなってくるのではないでしょうか。

そういったリスク回避の為にも新しい働き方も視野にいれ、収入源を確保する必要性が出てくると思われます。

「ギグエコノミー」という市場や、「ギグワーカー」といった働き手は、まだまだ、欧米でも実験段階ではあるようですが、サービスを利用する消費者が増えれば、増々、消費者のニーズに合った新なサービスが増え、サービスを提供する側の「ギグワーカー」も、それを取り持つプラットホーム事業者も、発展していくと思われます。

また従来の雇用形態に縛られず、「ギグワーカー」といった、利用者、提供者、両者に時間的なメリットが発生する、新しいサービスと新しい働き方も選択肢の1つとしてこれから注目していくべきだと思います。

また、「ギグワーカー」の仕事の1つとして、物流業界では、この新しい働き方を応援、採用するプラットフォーム事業者が誕生しました。

ロジデリ」では、もちろん「単発で受ける仕事」が可能。

あなたができる好きな時間に、荷物を運ぶドライバーの仕事や、短時間の積み降ろし作業の手伝いを受けてくれる「ギグワーカー」を募集しています。

アルバイトや、パートといった働き方も可能ですが、フリースタイルであなたの空いている好きな時間に「単発で」働きたいなら「ロジデリ」を使って物流業界で働いてみませんか?

ロジデリは2019年8月末にα版が始まったばかりのサービスになり、これからのサービスですが今後多くの求人案件を用意していきます。

あなたが、「ギグワーカー」の仕事に興味があり、自動車免許を持っているならば、「ロジデリ」をお勧めします。

あなたも「ロジデリ」で気軽に「ギグワーカー」のお仕事をはじめてみませんか?

【関連記事】

DAI
DAI
自動車関連機器販売会社を経て、運送会社や物流会社を経験。さらに採用Webライティング領域も経験。