ギグエコノミー求人で隙間時間活用者を募集

1つの会社にだけ所属して働くスタイルが今までは主流でしたが、現在、色々な働き方ができるようになってきています。そのような多様化した働き方の一つのギグエコノミーについてお伝えします。

注目されているギグエコノミーという働き方

欧米では、今、新しい働き方として注目されているのが、「ギグエコノミー」という働き方や「ギグワーカー」という働き手です。

どういった働き方かと簡単に説明します。

パソコンやモバイル端末などを使い、オンライン上で「単発の仕事」を受けるワークスタイルなのです。

自分の空いている時間に仕事を入れたり、好きなタイミングで抜けたりすることが可能で、あらかじめ、決まった時間、働くことを契約するアルバイトとは違い、自分の空いている隙間時間に仕事を入れることが可能な働き方なのです。

最近、見かけたことがある人もいるかもしれませんが、「UberEATS」をご存知でしょうか?

「UberEATS」が提携したレストランなどの料理を、ネットやモバイルを使ってサービス利用者が注文をします。

登録している一般の配達員(ギグワーカー)へ料理を運んで欲しいという、依頼の通知が入ります。

配達可能な一般の配達員(ギグワーカー)が指定された場所へ、自分の自転車やバイクなどを使い、届けるという仕組みです。

「ギグワーカー」は、自分でその仕事を受けるか受けないかを選ぶことができる働き方なのです。このようなギグエコノミーが現在、注目を浴びています。

隙間時間に働ける「ギグエコノミー」

あなたが、企業に勤めている、または、アルバイトや、フリーランスで働いている、といった状況で、「隙間時間を有効に使って稼ぎたい」と思っているならば、「ギグワーカー」という働き方はとてもお勧めです。

何故なら、隙間時間に少しでも稼ぎたい、家計の足しに働きたいと考えている場合、本業があると更に仕事を入れるのは中々難しいと思いませんか?

仕事を新たに探したり、副業のシフトに縛られたりすると急に本業が忙しくなって時間のやり繰りが出来ない、といった状況になった時、困りますよね。

ですが、「ギグワーカー」といった働き方ならば、事前にサービスを提供するプラットフォーム事業者に登録しておけば自分の都合の良い隙間時間に仕事を受けることができ、シフトに縛られることなく、自由に働くことが可能です。

自分の都合で仕事が受ける「ギグエコノミー」

また、定年退職をして、まだまだ元気で働けるといった人はもちろん、忙しい子育て中の主婦の人でも「ギグワーカー」といった働き方ならば、少しの時間でも働くことも可能だと考えられます。

今の時代、定年退職してもすぐに年金を受給するのが難しくなってきており、定年退職後も働いて老後の資金を稼いでいる人がほとんどだといっていいでしょう。年金受給開始年齢も引き上げられるといっています。

もし、あなたがまだまだ元気で、働く気力、体力、余力があるならば、「ギグワーカー」といった働き方も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

また、現在子育て中の主婦の人も、今は子どもが小さいからフルタイムで働くのは厳しい、といった状況でも「ギグワーカー」という働き方ならば、子どもが幼稚園や学校に行っている間の隙間時間を、パートナーが休みの日に子どもを預けて、登録さえしておけば、自分が仕事を受けたい時、ちょっとした隙間時間に働くこともできます。 このように「ギグエコノミー経済」は現代の働き方にあっていると言えます。

多様な働き方を選択肢に入れるべき

昔は1つの企業に所属し、頑張って働き続ければ定年まで終身雇用が約束されていました。

ですが、現在、日本の雇用の在り方が変わりつつあります。

先日、経済界のトップから「終身雇用は限界」といった、終身雇用崩壊宣言ともとれる発言が出てきています。

これから先の日本では、定年退職という、ある一定の節目がきたらリタイアが可能といった従来のスタンスでいることは難しくなってきました。

おそらく、可能な限り働き続けることを求められ、また、収入を確保する必要にも迫られるといえます。

年金を当てにせず、60歳以降も自力で稼ぎ続けることが求められる厳しい社会になりつつあります。

ですので、現在、働き盛りの人も自力で収入を確保するために、人生設計プランを今一度見直しておくべきだといえます。

時代は変わり、多様な働き方が選択できるようになってきています。

政府も副業を認めており、1つの企業で働くことにとらわれず、新たな収入原を得ることも可能になりました。

働き手の雇用形態も自由になってきています。

「ギグエコノミー」や「ギグワーカー」といった働き方も耳慣れない言葉かもしれませんが、欧米では既にこの経済形態は盛り上りをみせており、新たに参入する企業もどんどん増え、また、働き手の「ギグワーカー」達も増えています。

あなたに少しでも隙間時間があり、迫りつつある近い将来のために少しでも貯えておきたいならば、気軽に始められる「ギグワーカー」といった働き方も選択肢の中に入れてみてはいかがでしょうか?

また、「ギグエコノミー」の仕事の1つとして、物流業界では、この新しい働き方を応援、採用するプラットフォーム事業者が誕生しました。

ロジデリでは、もちろん「単発で受ける仕事」が可能。

あなたができる好きな時間に、荷物を運ぶドライバーの仕事や、短時間の積み降ろし作業の手伝いを受けてくれる「ギグワーカー」を募集しています。そのようなギグエコノミー経済が広がっています。

アルバイトや、パートといった働き方も可能ですが、フリースタイルであなたの空いている好きな時間に「単発で」働きたいならロジデリを使って物流業界で働いてみませんか?

あなたが、「ギグワーカー」の仕事に興味があり、自動車免許を持っている、少しなら身体を動かす仕事をしてもいいかな、と思っているならば、ギグエコノミーサービスのロジデリをお勧めします。

あなたもロジデリで新しい働き方をしてみませんか?

 

【関連記事】

DAI
DAI
自動車関連機器販売会社を経て、運送会社や物流会社を経験。さらに採用Webライティング領域も経験。