Uber Eats (ウーバーイーツ)以外のギグワーカーの選択肢

ギグワーカーとは、インターネット上のプラットフォーム事業者を通じて単発の仕事を請け負う働き手、(サービス提供者)を意味します。
近年、そういったギグワーカーと呼ばれる労働者と、インターネット上のプラットフォーム事業者を介しサービスを求める利用者との間の市場がどんどんグローバル化されてきています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とギグワーカー

ギグワーカーという働き手は、日本でも浸透し広がりつつあります。
例えば、Uber Eats (ウーバーイーツ)といえば、ピンと思い浮かぶ方もいるのではないでしょうか?
Uber Eats(ウーバーイーツ)はあらかじめ、登録されたレストランやファーストフードのメニューの中から好きな料理を選んでスマホアプリで注文すれば、サービス提供者のギグワーカーがすぐに届けてくれる便利なデリバリーサービスです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、アメリカのウーバーテクノロジーズが運営するフードデリバリーサービスです。
配車サービス「Uber」という、登録された一般の運転手と車で行き先まで送り届けて欲しい利用者とを結びつけることにも成功しています。
これらのプラットフォーム事業者はスマートフォンのアプリを通じて、サービス利用者と、彼らの近くにいて宅配などのサービスを提供できるギグワーカーを結びつけます。

これから広がりつつあるギグワーカーの職種

Uber Eats(ウーバーイーツ)に限らず、さまざまな企業が労働力や技術力をオンライン上でのサービスとして提供し、利用されることを必要としています。
サービスを提供する側も、隙間時間に働くことができるギグワーカーとして、恩恵を受けられるようになりました。
自分の持っている技術を世界の市場で流通させたい学生、また、生活スタイルに合わせて空いている時間にスキルを生かしたい子育て中の女性、また現役の頃に培ったベテランのスキルを生かしたい定年退職後のシニアなどが、オンライン上で職を得られるようになりつつあります。
そんなスキルや時間的余裕を持っている人が、オンライン・プラットフォーム事業者を使えば、仕事の機会を世界に求めることも可能になってくるでしょう。

オンライン・プラットフォーム事業者が、労働者を顧客につなげ、賃金の支払いや、手配をモバイル・アプリや Webサイトを通じて行なうことができます。
このようなサービスはどんどん今後増えて拡大していくことと思われます。

例えば、買い物代行サービスの仕事も隙間時間に登録しているギグワーカーがサービスを提供可能だと思われます。
更にグラフィックデザイン、サロンの美容師、ビデオや動画の撮影、通訳や翻訳、アプリ開発などの技術も提供できるようになるでしょう。

配送ドライバーの仕事もギグワーカーで

選択肢の1つとして、配送ドライバーの仕事もUber Eats(ウーバーイーツ)のように、オンライン上のプラットフォーム事業者を介して、空いた時間を利用して顧客に荷物を届けるといったシステムもこれから一般的に普及していくでしょう。
配送ドライバーの仕事は運転免許があれば仕事に就くことができます。

近年、インターネット社会になり、オンライン上で買い物をする人が爆発的に増えています。
この傾向はこれから先も続くでしょう。
Amazonや楽天といったサイトで買い物した人の荷物を運ぶドライバーが現在、物流業界では大変不足しています。
現在ドライバーは10万人不足しているといわれていて、10年後には24万人不足するだろうといわれています。
ですので、物流業界は慢性的な人手不足の状態なのです。
これは、物流業界にとっては危機的な状況です。現在の日本は少子高齢化といわれ、特にこの業界は働き手が減っています。
ネットの普及により便利になる反面、その便利さを支える物流が機能しなくなることは、物流業界にとっても、消費者にとっても痛手となります。

空き時間を使ってギグワーカーになろう

物流業界もこういった人手不足の状態を、手をこまねいて見ているだけではありません。
現状を打破するためにも、Uber Eats(ウーバーイーツ)のように、少しでも沢山の人がドライバーの仕事に興味を持ち、ドライバーの仕事を始めやすくなるような働き方の選択肢を増やしています。
例えば、空き時間を有効に使いたい学生、働き方改革により、残業代が減り稼ぎたい人、また、残業がないことで副業として、空き時間を有効活用したい人、子育て中の主婦(夫)でフルタイムでは仕事はできないが、少しの空き時間を使って稼ぎたい人、定年退職後に空き時間を利用してまだまだ頑張って働きたいシニアなど、そういった人たちが空き時間や隙間時間を活用して働けるよう、仕組みを変えていっています。
配送ドライバーの仕事は今までは長時間労働といったイメージがありましたが、ギグワーカーといった働き方の選択肢を広げることにより、1時間だけ、または2時間だけといった短い空き時間を利用して、配送ドライバーの仕事を請負ってもらうことが可能になってきています。
そういったUber Eats(ウーバーイーツ)のような働き方を取り入れることで、気軽に短時間だけなら配送ドライバーの仕事をしてみたいといった人たちも増えてくることだろうと思われます。
一見、ブラックなイメージがある物流業界ですが、近年ではそういったイメージを払拭するため、業界全体が色々と働きやすいよう工夫し、職場環境や雇用形態を改善するための努力をしています。
ロジデリでは、空き時間や、隙間時間を有効に使って稼ぎたい人を募集しています。1時間などの短時間から、週に数日でも可能な働き方が選べます。車を安全に運転ができる方で、少しでも気になった方は、是非ロジデリまでお問合せください。

 

【関連記事】

DAI
DAI
自動車関連機器販売会社を経て、運送会社や物流会社を経験。さらに採用Webライティング領域も経験。